農業自然の番人アグリネイチャースチュワード養成ビジネススクール アグリネイチャースチュワード協会

アグリネイチャースチュワードとは

スチュワードシップ(農業自然の番人)とは、「人間は地上に存在する全ての物の管理を委ねられている。

したがって人間は責任を持ってこれを管理する責務がある」という考え方です。

スチュワードとは「委ねられたものを無私の心で管理する人」を指します。

農業にこの考え方をとり入れたものが、アグリネイチャースチュワードです。

アグリネイチャースチュワードとはすなわち、

  • 農業者は農業自然の管理を委ねられている
  • したがって、農業者は「農業自然の番人」の役割を果たさなければならないといった役割を自覚したうえで、さらには
  • 社会から正当な報酬を得る こともできなくてはなりません。

なぜなら、正当な報酬なしでは、「農業自然の番人」としての役割を継続することはできないからです。

アグリネイチャースチュワードとは

「農業自然の番人」としての役割を実践し、正当な報酬を得る。
これがアグリネイチャースチュワードです。

こうした農業のありかたを学ぶ場はこれまで存在しませんでした。

 

  • アグリネイチャーとは
  • スチュワードとは
  • 事業内容
  • 連絡先
  • フォトギャラリー